Standard Life Investments

投資哲学とプロセス

独自の投資哲学

当社独自の投資哲学は、「変化への着目(Focus on Change)」と呼ばれています。この投資哲学では、投資商品の市場価格を動かす主要因を分析し、これまで市場で見逃されてきたような要因を特定化します。基本的に、当社では企業分析において市場のコンセンサスと非コンセンサスの間に生じる変則性や非効率性を捉えることを目指しています。当社が深い見識を持つだけでなく、市場の期待が今後変化するだろうと強く確信できるような投資にこそ、最もチャンスがあると考えています。

堅固な投資プロセス

当社の投資プロセスではボトムアップのアプローチを採用しており、実現可能な投資機会を見つけ出すことを目指しています。 企業面談は、このプロセスの重要な部分であり、市場コンセンサスとは異なる当社独自の投資見解の重要な源泉となっています。当社の事業規模と信頼によって、主要な意思決定者との面談を通じたトップレベルのアクセスを可能としています。

銘柄選択と推奨

全ての投資アイデアは、当社共通の投資言語の根幹となっている「5つの質問」のフレームワークでしっかりと説明できなければなりません。まず一人のアナリストが銘柄の調査を行なった後、他のチームメンバーによる厳格なレビューが実施され、「買い」アイデアの確信度の高さ、重要度や投資期間について、精査と評価が行われます。

ポートフォリオの構築

ポートフォリオは、ボトムアップの観点から構築されており、各銘柄に対する当社の確信度を反映しています。 そして予め定めたリスクパラメータの範囲で目的を達成できるよう、ポートフォリオのモニタリングを継続的に行っています。 当社には専任のリスク管理チームが設置されており、また当社のファンドマネージャーもリスク管理において積極的な役割を果たしています。