Standard Life Investments

プライベート・エクイティ

スタンダード・ライフでは、1973年よりプライベート・エクイティ・ファンド投資や共同投資を行っています。

SL キャピタル・パートナーズは、プライベート・マーケット投資家の先駆者の1社として認識されており、プライベート・エクイティやインフラに投資する投資家にソリューションを提供することに注力しています。同社は過去17年間で、25ファンドを通じて115億ドル*を調達し、その資金の80%以上を外部の投資家から調達しました。

プライマリーファンド、セカンダリーの投資機会や直接共同投資を通じたプライベート・エクイティ投資、直接投資戦略を通じたインフラ投資など、豊富な運用実績により、英国、米国、カナダ、欧州、アジアや中東の主要機関投資家、ファミリー・オフィスや富裕層まで、幅広い顧客層から関心を持って頂いています。SL キャピタル・パートナーズは、一部の世界最大クラスの年金基金に対して、専用口座での運用を行っています。

SL キャピタル・パートナーズは約20名の専任投資スペシャリストを擁し、プライマリーおよびセカンダリーにおいて120以上のプライベート・エクイティ投資を管理しており、約100ファンドのアドバイザリー・ボードに名を連ねています。また、業界を代表するプライベート・エクイティ ・ファンドの運用会社と共に、相当額の資金規模で60以上の共同投資を行なった実績があり、英国や欧州のインフラ投資も積極的に行なっています。株主構成は同社の40%をパートナーが保有し、スタンダード・ライフ・インベストメンツが60%を保有しています。SL キャピタル・パートナーズ全体で約50名のスタッフを擁し、エジンバラ(英国)、ボストン(米国)、香港およびミュンヘン(ドイツ)の拠点で業務を行っています。

*資産残高 (2017年02月28日時点) £1=$1.2444